家づくりの記録

【間取りの工夫】『広く感じる』為のテレビとソファの距離と我が家の工夫

Beko
Beko
こんにちは!Bekoです(^^)

ブログをご覧頂きありがとうございます。
我が家は32.5坪の一戸建です。
家作りをしていく中で、憧れたのがやっぱり
『広々としたリビング』
SNSやネットで素敵だなーと思うお洒落なリビングは、どれも22畳とか25畳とか、20畳オーバーが殆ど。

Beko
Beko
そんなにリビングに面積とれません。。

早々と現実を突きつけられました。
それでも、

  • 視覚的に広く感じるリビングにしたい

と考え、沢山の建売物件を見学して、広く感じる為のポイントを私なりに考察しました。本日は『広く感じるためのポイント』と、我が家が取り入れた『間取りの工夫』について綴って行きたいと思います。
どうぞお付き合いください。

建売見学で参考になったリビング

我が家は『限られたスペースでも広く感じられる・圧迫感の無いリビングにしたい』一心で、

  • どんなリビングなら広く感じるのか
  • そのリビングの特徴は何なのか

を知るべく、建売物件を沢山見学させてもらいました。さすがにそこらじゅうの物件に行くのは気が引けます。我が家はミサワホームにお家をお願いしていたので、ミサワホームの建売物件の見学をお願いしたのですが、ミサワホームで注文住宅をお願いしている旨を伝えると、どこのスタッフさんも見学を快諾してくださいました。ありがとうございます。

その結果、
一番参考になったリビングがこちら!

こちらのリビングは

広さ:LDK含めて16畳
テレビとソファの距離:3500mm

と、『広さ』と、テレビとソファが『尺モジュールの2間分(3640mm)』に対しての配置である点において一般的であり、我が家と同様であるのに加え、
その前に拝見した19畳のリビングよりも、むしろ広く感じたことがポイントでした。

広く感じた理由について考察

そこで圧迫感を感じなかった理由について考察しました。

ソファを壁付けしていること

まず1つ目は、ソファを壁付けしていることです。

我が家の当初提案頂いていた間取り図はこちら!

ソファを置く場所の後ろは掃き出し窓になっています。

掃き出し窓は床まで窓なので、窓にソファをぴったりくっつけるのは不自然であり、出入りすることも考えるとソファ後ろに通路スペースが必要となります。人が1人通れるスペースは最低でも60cm必要と言われているので、60cm分ソファを前に出さなければいけません。これだけでも60cm分ソファとテレビの距離が近くなる為、ソファに座ったときの圧迫感に繋がります。

テレビとテーブルの間の床面積がしっかり確保されていること

2つ目は、『テレビとテーブルの間の床面積がしっかり確保されていること』です。

1つ目でお伝えした『ソファの壁付け』に加え、ソファ前にあるテーブルは奥行40cm程で、ソファに付属する一般的なテーブルサイズでした。

ソファの壁付けに加え、40cm程のテーブルであれば、何もない床面積がしっかり確保できるため、圧迫感がないように感じます。

しかし!我が家の場合は、ソファダイニングを予定していた為、テーブルの奥行は75~80cmです。これらを踏まえると、

  • テレビ台:40cm(一般的には45cm前後が主流のようですが)
  • テーブル:80cm
  • ソファ:購入予定のソファ奥行76cm+足を置くスペース24cm=100cm
  • ソファ後ろの通路:60cm

が必要スペースとなるため、

テレビとテーブルの間に確保可能なスペースは、約70cm程度となります。

ここで先ほどの写真に戻ります。

こちらのリビングの場合は、同じ3640mm寸法のリビングでも、テレビとテーブルの間に十分な距離・スペースが確保できているのですが、我が家の現在の状態では、これよりも1m短い、狭いスペースとなることが分かりました。

我が家が取り入れた!リビングを広く見せるための間取りの工夫

そこで、我が家が取り入れた、リビングを広く見せるための間取りの工夫をご紹介します。

ソファ後ろの窓を腰窓に変更

まず1つ目が、ソファ後ろの窓を『腰窓』に変更しました。腰窓にすることでソファを壁付けにすることが出来る為、後方に無駄に要していた通路スペース分の60cmをテーブルの前のスペースにすることが出来ます。

テレビボードの奥行40cm分を凹ませる

さらに、テレビボード分の奥行40cm分を凹ませました。そうすることによって本来であれば前方に飛び出すテレビ台40cm分がなくなるので、この分もテーブル前のスペースにすることができます。

元々生じる予定だったソファ後ろの通路60cmと、テレビ台40cm分を通路スペースに回すことで、

70cmしか確保できなかったテレビ前の通路スペースが、

170cm確保できる計算になります。

ちなみに我が家が採用予定の50型サイズのテレビだと、ソファー背面とテレビの距離は3000mm~3500mmを推奨(a.flatさんHPより)しているようです。

まとめ~リビングを広く見せるために~

これから間取りをお考えの方には、家が建ってから『狭く感じる・・・』と言った後悔が無いよう、ぜひ

  • ソファとテレビの距離がどの位になりそうか
  • テーブル前のスペース(床面積)がどの位とれそうか

と言う点をチェックして頂ければなと思います。

最後までご覧頂きありがとうございました。


ブログ村に参加しています。よろしければ「見たよ」の↓クリック↓して頂けると励みになります。宜しくお願い致します。
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA