ミーレ食洗機

ミーレ食洗機故障!エラーコード『F-78』の初期対応と修理までの流れ

Beko
Beko
こんにちは!Bekoです(^^)

共働きの我が家で採用してよかったものNO1といっても過言ではない、
ミーレの食洗機。

使用開始から約1年、『エラーコード F78』の表示とともに、なんと故障…

故障のきっかけと、初期対応、最終的な修理までの流れをご報告したいと思います。

ミーレ食洗機『故障』のきっかけ

まずは、エラーコード『F-78』が表示されるようになった時の事を振り返りたいと思います。

それは、ミーレを使用し始めてからちょうど1年経過した、
寒い日の続く12月下旬のことでした。

いつも通り、夕食後にミーレに食器をセットし、深夜に回るようにタイマーセットして就寝。朝にはきれいに洗いあがった食器たちと対面すると思っていました。

我が家のミーレはオートオープン機能がついているので、
終了すると食洗機の扉が半開きになっている状態となります。

しかし、朝起きてミーレを確認すると、

『あれ…?開いてない???回し忘れたっけ???』
そう、扉が開いていなかったのです。

近づいて、画面表示を確認すると…

『エラー F-78』

の表記が…一気に目が覚めました。

『がーーーーーん、、、故障????』

エラーコード『F-78』とは

早速、取扱説明書を確認しました。
説明書には、この『F-78』のエラーコードについてしっかり説明書きがありました。

エラーF78

循環ポンプでエラーが発生しました。
■電源スイッチを押して、食器洗い機の電源を切り、30秒以上待ちます。
■再び食器洗い機の電源を入れます。
■ご希望のプログラムを選択します。
■「Start」ボタンを押します。
再びエラーメッセージが表示される場合は、技術的な障害が発生しています。
■コンタクトセンターまでお電話でお問い合わせください
引用:ミーレ食洗機取扱説明書より

Beko
Beko
じゅ…循環ポンプエラー・・・

早速、説明書の指示通りに、電源をオフし、再度ミーレを運転してみました。
しかし、案の定、再び『エラーF78』の表記が。

Beko
Beko
ほんとに壊れちゃったんだ…

ミーレ食洗機を導入する際、ミーレの表参道店にて、故障の頻度について質問していました。やはり国内製品と比べ、『故障』に対しての不信感があったからです。
しかし、店員さんは、

Beko
Beko
ほとんどないです!30年近く使い続けてらっしゃる方もいらっしゃいますよ。

と。この言葉を聞いて安心してミーレ食洗機を導入したわけですが、
こんなにも早く故障のハプニングに出くわすとは…

今まで、ミーレ食洗機の万能っぷりには本当に助けられており、ブログや友人にも再三、「ミーレ食洗機」をおすすめしていた為、結構ショックでした。

ミーレコンタクトセンターに連絡・指示された初期対応

悲しんでもいられません。一刻も早くミーレに復活してもらわなければ。
早速ミーレコンタクトセンターに連絡しました。

Beko
Beko
すみません。エラーコードF78が表示されていまして…何度か電源の入れなおしも試しましたが、改善されません

という内容を報告。

  • 最近使う期間が空いていなかったか。
  • 何かいつもと違う使い方をしたことはなかったか。

ということを質問されました。我が家は毎日ミーレにお世話になっているため、期間は空いていないこと、使用方法もいつもと変わらないということを伝えました。

早速修理の手配かと思いきや…最初に指示されたのは、

ミーレ直伝!エラーF78が表示されたらやってみること

  1. 75度程度のお湯をミーレ内の排水口に流し入れる
  2. いつも通りミーレを運転させる
  3. これを数回繰り返すと直るケースが多い

ということでした。
早速、言われたとおりにこの作業を繰り返します。

我が家の場合はティファールでお湯を沸かして、約1L程度のお湯を流し入れ、
運転させる、というのを3~4回繰り返してみました。

すると・・・!

ミーレが復活!!!動き出したのです!
この時の感動とほっとした気持ちは忘れられません。

再度『エラーF78』の表示

ミーレが復活したぞーーー!ということで、気持ちが晴れやかになったのも束の間。

1度動き出し、通常運転を終えたミーレ。翌日、また運転させようとすると、またもや『エラーF78』の表示が・・・

 

がーーーーーん。

 

この時のがっかり感といったらありません。一度ほっとしてからの落とされっぷりとはこのことです。

これ以降、75度のお湯を3~4回流しては動かし…という作業をほぼ毎日、2週間程度続けました。

我慢の限界!再度コールセンターへ連絡

2週間程度、不調な食洗機と向き合ってきましたが、

Beko
Beko
さすがに効率が悪い!というかこの調子じゃ不便すぎる!

ということで、再度コールセンターへ連絡しました。
県内の修理請負業者から、改めて修理の日程調整の連絡をいただけるとのこと。

平日はこちらが対応困難なため、土曜日を指定(日曜日は定休とのこと)。
結局そこから1週間後、修理の対応に来ていただけることとなりました。

ミーレ食洗機の修理と、業者の方から言われたこと

修理に来ていただく前に確認されたのが、

  • 食洗機の前に、扉をフルで開けられるだけのスペースがあるかどうか

ということでした。
食洗機の前に十分なスペースがないと、修理に時間がかかってしまうそうです。

業者の方が来てくださり、作業にかかった時間は約1時間ほどでした。
業者の方からは、

業者の方から言われたこと

  • 循環ポンプの初期不良(不良品)だったのだろう
  • 保証期間内なので無料で交換できるが、今後経年劣化で不良となった場合は、交換に2~3万程度かかる
  • (我が家は使っていなかったが)液体洗剤は泡立ちが良すぎて詰まりや故障の原因になる為使用しない方が良い
  • 1ヶ月に1回は、『Intensive 75℃』で使用したほうが良い

ということを説明されました。

ミーレ食洗機の重要性を改めて実感

こうして、我が家のミーレ故障ハプニングは、無事に幕を閉じました。
今回、ミーレが故障したことで、我々共働きの生活が、いかにミーレ様に支えられていたかを改めて実感しました。

洗い物をするために台所に立つ時間がほとんどないという時間的効率だけでなく、
洗い物がないという精神的な安心感も得ていたこと。ストレスレスな暮らしをサポートしてくれていたこと。

故障した後の対応もスムーズだったことも安心しました。
ミーレ、最高です!

以上、我が家のミーレ故障と復旧までの記録でした。
これから購入を検討している方で、故障の対応が気になっている方、
同じようにF78エラーが起こってしまった方の
少しでも参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。


ブログ村に参加しています。よろしければ「見たよ」の↓クリック↓して頂けると励みになります。宜しくお願い致します。
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA